環境活動
SMKトップ > 環境活動 > 環境保全活動トピックス

環境保全トピックス

資源の有効活用 廃材の寄付 環境コミュニケーション 清掃活動 自然環境の保護

資源の有効活用

廃材を利用したスクールチェアの寄付

 使用済みの梱包木箱とガラスの保護紙から社内製作したスクールチェアとお絵描き帳を、近郊の小学校へ寄付する活動を続けています。
これまで、635脚のスクールチェアと635冊のお絵描き帳を子供たちへ贈ることができました。
 また、空き缶からゴミ箱とちり取りを製作し寄付する活動も始めています。
子供たちに環境保全の大切さを感じ取ってもらえる活動を、これからも続けていきます。


廃材の寄付

 工程で不要となったシーツを地域の施設へ寄付しました。
 メキシコの子供のお祭りに使われる"ピニャータ"(中にお菓子を入れたくす玉や人形)の材料として再利用されています。
 また、ワークショップを運営する団体へ圧縮木材を寄付しました。素晴らしい子供たちの芸術作品へ生まれ変わりました。


環境コミュニケーション

環境保全活動の紹介とものづくり教室

 昨年に引き続き、品川区環境情報活動センターとの共催で、体験型環境学習講座「環境保全活動の紹介とものづくり教室」を開催しました。子供たちに「環境保全の大切さ」と「ものづくりの楽しさ」を伝えるプログラムで、地域の小学生18名とご家族にご参加いただきました。
 環境保全活動の紹介では、CO2削減による地球温暖化防止、3R(リデュース・リユース・リサイクル)による資源の大切さ、有害物質を使わない製品作りについてご説明した後、SMKがトランスナショナルで取り組んでいる様々な活動をご紹介しました。
 ものづくり教室では、環境に配慮した材料やリサイクル材料を使った電子工作を体験していただきました。
 この講座を通じて子供たちが楽しく環境保全への関心を高められるように、今後も活動を続けていきます。


植栽ボランティア(品川区)


しながわCSR推進協議会の会員として、「しながわ花海道」の種まきに参加しました。
「しながわ花海道」は、NPO法人が維持管理を行っているプロジェクトで、勝島運河護岸約2kmに菜の花やコスモスの花を育て、自然豊かで調和のとれた社会づくりに貢献しています。
種まきには、多くの地域住民や学校、企業が参加しています。


清掃活動

 各拠点で地域の清掃ボランティア活動を積極的に行っています。


自然環境の保護

植樹

 市の行政機関による植樹活動に従業員30名が参加しました。
 フィリピン工場はこのイベントにマンゴーなどの植物の苗木を100本寄付しました。