環境活動
SMKトップ > 環境活動 > トップメッセージ

トップメッセージ

殻を破って変化に挑む

代表取締役社長
池田 靖光

 アメリカの離脱で世界に衝撃を与えたパリ協定は、気候変動対策の方向性を失うことなく、運用のルール作り交渉が本格化しています。2018年はその交渉期限であり、パリ協定実施に向けた節目の年です。
日本では2050年に向けた長期エネルギー戦略の提言がまとめられました。今月初めに閣議決定した新エネルギー基本計画では、再生可能エネルギーの主力電源化や、水素社会実現に向けた取り組みの強化等が政策として盛り込まれました。しかしながら、8割以上を火力発電に頼っている現状から、2030年のエネルギーミックス目標値を達成できる道筋はまだ見えておらず、技術開発がビジネスに繋がる可能性を秘めています。

 IoTや人工知能AIなどの革新的な技術は、社会や経済などあらゆる面で大きな変化を起こしており、この流れはますます強まるでしょう。また、シェア経済は、資源の有効活用を促進するので、環境面では好ましい動きです。これらは、温暖化や資源枯渇等の地球規模の課題に対しても、解決へと導くポテンシャルを多く秘めています。
この激しい変化の中、持続的な成長を実現するためには、まず自分達が変化しなければなりません。
今ある常識は過去に作られたもので、未来においても絶対的なものではありません。新たな常識を創造する想像力を高めなければなりません。
企業はそれぞれのビジョンを持ち、社会の変化の中でさまざまな課題を抱えています。その解決の中に新たな需要があります。そしてその先にある多くのイノベーションが、新たに環境保全に貢献してくれると信じています。
SMKグループは、中期経営戦略のビジョンとして「Challenge Creativity Solutions」を掲げ、変化に挑むソリューション企業を目指します。

 人類は何度かの産業革命を経験し、豊かな生活を手にする一方で、豊かな自然を犠牲にしてきました。
現代は第4次産業革命とも言われていますが、世界中がベクトルを合わせ、地球環境問題に向き合っている中で迎えたこの革命は、地球と未来を生きる人たちもその成果を享受するものとなるでしょう。 SMKのチャレンジは、突き詰めれば、美しい地球を次の世代へ確実に繋げることだと私は確信しています。

2018年 7月